« 週休二日制時代の恋愛と合コンと結婚と | メイン | 団地団(大山顕+佐藤大+速水健朗)2010年12月12日開催 »

2010年11 月30日 (火)

公衆電話の歌謡史 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あー名曲。レベッカの『ラブ イズ Cash』(`85年)は、題名のとおり「愛は現金払いで」がテーマである。「あなたの恋はまるでスマートなカードクレジットなの♪」「不安定なレートを見きわめてよ♪」(作詞:沢ちひろ・NOKKO)と歌うNOKKOは、恋愛の駆け引きを金融用語に置き換えているのがおもしろい。

歌詞はこちらを参照

その前年、マドンナは「私にキスしてもいいけど金払いの悪い男だったら嫌いよ」と、当時のレーガノミクスをシニカルに反映させた『マテリアル・ガール』を歌った。その強い影響下で作られた『ラブ イズ Cash』にも、その時代の経済状況をパロディにするという試みが行われている。`80年代はクレジットカードの顧客対象が学生にまで拡大した時代。そして1980年の外為法改正時の規制緩和によって、個人による外国為替取引の自由化がもたらされた時代である。

ただし後半の「真夜中のラブコールは コインいちまい タイムリミットの3分間♪」という歌詞が出てくると、1985年という時代が遠い過去であることにあらためて気づかせてくれる。コイン1枚で3分間というのは、もちろん公衆電話のことを指している。日本で公衆電話の設置数が最も多かったのが、まさにこの歌の前年である1984年のことだ。

当時の恋人たちが電話で会話する場所と言えば、外の公衆電話が定番だった。まだ部屋ごとに子機があるような時代ではない。プッシュホンがまだなく、黒電話が残っていた時代。電話は家族のいる居間に置かれているのが当たり前で、電話線すら伸びなかった時代である。

ちなみに、当時の公衆電話の主流はコイン式である。キャッシュレス式、つまりテレホンカードが使える機種は、1982年に登場しているが、1985年当時は、それほどは普及していなかった。そのカード式がコイン式を抜くのは1990年のこと。

やはり公衆電話が出てくる歌に、槇原敬之の『遠く遠く』(1992)がある。槇原の曲の中でも人気が高く、カバーされる機会も多い曲である。

この歌の主人公は、ふるさとから遠く離れた都会でひとり暮らしをしている。たまに届く同窓会の案内には、欠席に丸を付けて送り返す。故郷が嫌いだからではない。地元で暮らすみんなの顔を見ると、里心がついてしまうからだ。主人公は、都会で自分の夢を叶えるまでは帰らないと決意している。ミュージシャンを目指して18才で上京した、槇原自身の体験をこの歌に重ねているのだろう。

この主人公の心の支えは、友人との電話である。「いつでも帰ってくればいいと 真夜中の公衆電話で 言われたとき 笑顔になって 今までやってこれたよ♪」

彼が利用してるのは公衆電話。つまり、部屋に電話がないのだ。当時、固定電話は、ひとり暮らしの若者には少々敷居が高かった。この時代、電話を引くには、電話加入権72000円が必要だった。加入権は2005年に廃止されるが、それ以前はよく不動産屋で売買されていたものだ。

この槇原の歌が発表された1992年は、ちょうどNTTからドコモが分離独立した年。当時の携帯電話の初期費用は、固定電話よりもさらに高かった。`92年の携帯電話普及率は1.4パーセント。ごく一部のビジネス層のものでしかなかった。

1995年は、公衆電話が完全にテレホンカードが使えるものへの全機入れ替えが終了した年である。だが、この時代になるとすでに公衆電話はその役割を終えつつあった。同じ年に、初期費用数千円で利用できたPHSが登場した。一人暮らしの貧乏学生では一般電話の加入権はハードルが高くとも、このPHSなら持つことができた。槇原の『遠く遠く』から3年後のことである。『遠く遠く』は、夜中に公衆電話で長電話をした経験のある最後の世代の歌だったということになる。

さて、その後、たった数年で携帯電話(+PHS)の普及率は8割を超える。携帯全盛の現在においては、公衆電話などその存在すら気に掛けないものの代表である。現在の公衆電話の設置数は、『ラブ イズ Cash』が流行った当時の3分の1まで減ってしまった。使われる頻度はそれ以上に減っているのだろうが、緊急通報や携帯電話が持てない人々のためにも、これ以上は減らせないような規制が設けられている。

携帯が普及しきった現代では、真夜中のラブコールからはタイムリミットはなくなった。現代のラブコールのレートは、かなりお安くなっている。ソフトバンクの「スパボ一括9800円」なら、月額7~8円で話し放題である。

 

GOLDEN☆BEST REBECCA
GOLDEN☆BEST REBECCA
posted with amazlet at 10.11.30
REBECCA
ソニー・ミュージックダイレクト (2010-04-28)
売り上げランキング: 17842
SMILING~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA
槇原敬之
ダブリューイーエー・ジャパン (1997-05-10)
売り上げランキング: 1182

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287743ed7b970c0134899eb437970c

Listed below are links to weblogs that reference 公衆電話の歌謡史:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

著書

about::フリーランス編集者・ライターの速水健朗のブログ。ディスコや歌謡曲などについて。

検索

  • 検索
     

Amazon

 
Powered by TypePad
track feed