2014年9 月 1日 (月)

『シャコタン☆ブギ』ジュンちゃんとジョン・ミルナーについて このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏は『湾岸ミッドナイト』『シャコタン☆ブギ』を一気読みした。前者はともかく、後者が傑作であるということを再確認できたのは良かった。

『シャコタン☆ブギ』は、四国の地方都市を舞台にしたクルマとナンパに明け暮れる高校生のストーリー。実は『アメリカン・グラフィティ』が元ネタで、それを日本の地方都市のドメスティックな話として丁寧に置き換えている。

アメグラには、ケンカが強く、街最速のホットローダー、ジョン・ミルナーというキャラが出てくる。『シャコタン☆ブギ』でいうとジュンちゃんだ。彼は、ケンカも強いし、後輩思いなので誰からも尊敬される存在だが、街から一歩も出られない地元に止まらざるを得ない存在でもある。職業は、家の家業を継いで自動車整備工。

ジョージ・ルーカスの出世作である『アメリカン・グラフィティ』は、アメリカの黄金時代の終わりを示唆させた作品。舞台は西海岸の田舎町。金曜ごとにクルマで街に繰りだす若者たちが、ずっとナンパしたりしながら街を流している。

ミルナーは、街の片隅にある自動車廃棄場でつぶやく「昔はこの街ももっと喧騒に溢れてたよ」。映画が作られたのは、ゴールデンエイジと呼ばれる60年代が終わった直後。物語の最後で、彼はメキシコからやってきた若き日のハリソン・フォードが演じたホットローダーとのレースで、実質的に敗れてしまう。ルーカスは、アメリカにとっての青春時代の終わりを、このミルナーというキャラクターに象徴的に背負わせたのだ。

一方、『シャコタン☆ブギ』のジュンちゃんが背負ったものとは、90年代以降の地方都市の衰退そのものだ。マンガの掲載が始まったのは、1984年。主人公のハジメは、親にソアラを買ってもらうが、ソアラ登場から3年。その直後に、新型が登場して悔しがる話も登場する。

日本の地方都市も自動車産業も、まだまだ活気があった時代。それが、次第に変化していく様は、マンガの中でもそれとなく描かれていく。街の中心地が、郊外の海岸道路に映って、街中から若者が減ったという回が出てくる。車を改造する走り屋なんて流行らなくなって、それに変わる新たな若者文化が登場してくるという話も何度か登場する。

途中、主人公のハジメとコージは、バブル期で人手不足の折に東京のディスコにバイトに行くくだりがある。その数年後、再び東京に行くと、ディスコの時代は終わっていて、小箱のクラブの時代になっているというくだりがあるなど、時代の変化を捉える著者の視点は鋭い。

ラストまで読んだの、今回が初めてだった。連載終了は、同じ作者の『湾岸ミッドナイト』が、好評で連載化され、作者の興味もそっちに移っていったため、自然消滅的に連載が終了したようだ。ハジメがそれまでたくさんの思い出があるソアラを手放し、セルシオを手に入れることで、物語に終止符が打たれた。ジュンちゃんやサブキャラのアキラらは、走り屋としてそのまま人生を延長させるが、最後までナンパの道具としてしかクルマを見ていなかったハジメ(彼は、クルマはオートマで十分と思っている)は、改造されて最速化されたソアラに執着せずに、躊躇なく卒業していくのだ。

著者の楠みちはるは、この作品を卒業して、いつまでも青春を続ける走り屋たちしか登場しない(つまり、ジュンやアキラの側)『湾岸ミッドナイト』に精力を投入していくことになる。彼もまた、ジュンやアキラの側でマンガを描き続ける道を選んだのだ。

そんな『湾岸ミッドナイト』も作品としてのレベルは高く、名作なのだが、その話はまたの機会に。

関連記事:コリー・ハイムと1980年代の青春映画と『シャコタン☆ブギ』

 

2010年11 月30日 (火)

公衆電話の歌謡史 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あー名曲。レベッカの『ラブ イズ Cash』(`85年)は、題名のとおり「愛は現金払いで」がテーマである。「あなたの恋はまるでスマートなカードクレジットなの♪」「不安定なレートを見きわめてよ♪」(作詞:沢ちひろ・NOKKO)と歌うNOKKOは、恋愛の駆け引きを金融用語に置き換えているのがおもしろい。

歌詞はこちらを参照

その前年、マドンナは「私にキスしてもいいけど金払いの悪い男だったら嫌いよ」と、当時のレーガノミクスをシニカルに反映させた『マテリアル・ガール』を歌った。その強い影響下で作られた『ラブ イズ Cash』にも、その時代の経済状況をパロディにするという試みが行われている。`80年代はクレジットカードの顧客対象が学生にまで拡大した時代。そして1980年の外為法改正時の規制緩和によって、個人による外国為替取引の自由化がもたらされた時代である。

ただし後半の「真夜中のラブコールは コインいちまい タイムリミットの3分間♪」という歌詞が出てくると、1985年という時代が遠い過去であることにあらためて気づかせてくれる。コイン1枚で3分間というのは、もちろん公衆電話のことを指している。日本で公衆電話の設置数が最も多かったのが、まさにこの歌の前年である1984年のことだ。

当時の恋人たちが電話で会話する場所と言えば、外の公衆電話が定番だった。まだ部屋ごとに子機があるような時代ではない。プッシュホンがまだなく、黒電話が残っていた時代。電話は家族のいる居間に置かれているのが当たり前で、電話線すら伸びなかった時代である。

ちなみに、当時の公衆電話の主流はコイン式である。キャッシュレス式、つまりテレホンカードが使える機種は、1982年に登場しているが、1985年当時は、それほどは普及していなかった。そのカード式がコイン式を抜くのは1990年のこと。

やはり公衆電話が出てくる歌に、槇原敬之の『遠く遠く』(1992)がある。槇原の曲の中でも人気が高く、カバーされる機会も多い曲である。

この歌の主人公は、ふるさとから遠く離れた都会でひとり暮らしをしている。たまに届く同窓会の案内には、欠席に丸を付けて送り返す。故郷が嫌いだからではない。地元で暮らすみんなの顔を見ると、里心がついてしまうからだ。主人公は、都会で自分の夢を叶えるまでは帰らないと決意している。ミュージシャンを目指して18才で上京した、槇原自身の体験をこの歌に重ねているのだろう。

この主人公の心の支えは、友人との電話である。「いつでも帰ってくればいいと 真夜中の公衆電話で 言われたとき 笑顔になって 今までやってこれたよ♪」

彼が利用してるのは公衆電話。つまり、部屋に電話がないのだ。当時、固定電話は、ひとり暮らしの若者には少々敷居が高かった。この時代、電話を引くには、電話加入権72000円が必要だった。加入権は2005年に廃止されるが、それ以前はよく不動産屋で売買されていたものだ。

この槇原の歌が発表された1992年は、ちょうどNTTからドコモが分離独立した年。当時の携帯電話の初期費用は、固定電話よりもさらに高かった。`92年の携帯電話普及率は1.4パーセント。ごく一部のビジネス層のものでしかなかった。

1995年は、公衆電話が完全にテレホンカードが使えるものへの全機入れ替えが終了した年である。だが、この時代になるとすでに公衆電話はその役割を終えつつあった。同じ年に、初期費用数千円で利用できたPHSが登場した。一人暮らしの貧乏学生では一般電話の加入権はハードルが高くとも、このPHSなら持つことができた。槇原の『遠く遠く』から3年後のことである。『遠く遠く』は、夜中に公衆電話で長電話をした経験のある最後の世代の歌だったということになる。

さて、その後、たった数年で携帯電話(+PHS)の普及率は8割を超える。携帯全盛の現在においては、公衆電話などその存在すら気に掛けないものの代表である。現在の公衆電話の設置数は、『ラブ イズ Cash』が流行った当時の3分の1まで減ってしまった。使われる頻度はそれ以上に減っているのだろうが、緊急通報や携帯電話が持てない人々のためにも、これ以上は減らせないような規制が設けられている。

携帯が普及しきった現代では、真夜中のラブコールからはタイムリミットはなくなった。現代のラブコールのレートは、かなりお安くなっている。ソフトバンクの「スパボ一括9800円」なら、月額7~8円で話し放題である。

 

GOLDEN☆BEST REBECCA
GOLDEN☆BEST REBECCA
posted with amazlet at 10.11.30
REBECCA
ソニー・ミュージックダイレクト (2010-04-28)
売り上げランキング: 17842
SMILING~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA
槇原敬之
ダブリューイーエー・ジャパン (1997-05-10)
売り上げランキング: 1182

2009年3 月17日 (火)

遠距離恋愛のソリューション このエントリーをはてなブックマークに追加

太田裕美の『木綿のハンカチーフ』は、「東へと向かう列車」に乗って都会へと旅立つ恋人を送り出す女性の歌。この歌は2番、3番と進むにつれて時間が経過し、都会の生活に慣れた恋人は、結局戻ってこないという結末を迎える。ちなみに作詞者の松本隆は東京都出身。このような上京の経験はない。

いるかの『なごり雪』も駅で恋人との別れを惜しむというもの。「東京で見る雪はこれが最後ね」という歌詞から、舞台である駅は東京にあることがわかる。上京ではなく、地元へ帰ってしまう恋人との別れを描いた歌なのだろう。作詞者の伊勢正三は大分県出身。大学は千葉工業大学なので、上京経験は有り。

この2曲は1976年にヒットした曲だが、それから10年を隔てた1986年のヒット曲『青いスタシィオン』も上京鉄道歌謡。これを歌っているのはおニャン子クラブの河合その子。前の2曲に比べれば知名度的には劣るかもしれないが、この曲は個人的には80年代のアイドル歌謡の最高峰だと思う。

「スタスィオン」とはフランス語の“ステーション=駅”のこと。やはり、恋人が旅立つのを駅で見送る内容の歌だ。ちなみに作詞者の秋元康は東京出身。上京の経験はない。

どれも卒業、就職のシーズンに訪れてしまう恋人との別れがモチーフになっている。

こういった3月の別れは普遍的なモチーフものなのかと思いきや、この手の恋人との別れを描いた上京ソングが、その後流行ったというような印象はない。なぜか?

70年代新幹線の本数の増強や路線拡大、そして90年代の新幹線のスピードアップが地方と東京の関係、そして恋人たちの関係を変えたのだ。

1987年、JR東海は東京−新大阪間の最終列車に「シンデレラエクスプレス」と名付け、東京・大阪と離れて暮らすカップルが、週末を東京で一緒に過ごしたあとに最終列車で帰る恋人を駅まで見送りに行くというドラマ仕立てのCMを放映した。


BGMには松任谷由実の『シンデレラエクスプレス』が流れる。このCMキャンペーンは、ユーミンの曲名から取っている。このCMに出演している横山めぐみは、僕らの世代にとっては少し特別な女優であった。

ドラマ『北の国から』の主人公・純の初恋の相手で、家族で夜逃げして離ればなれになった“れいちゃん”を演じたのが横山だった。電車に乗って横山めぐみに会いに行くというシチュエーションは、絶対このれいちゃんとのエピソードを踏まえたものだろう。

それはともかく、このCMが訴えるのは、週末は一緒に過ごすという遠距離恋愛の形だ。つまり、新幹線のスピードアップによって恋人たちの距離は縮まり、週末に簡単に行き来ができるようになったのだ。

そしてさらなる遠距離恋愛カップル向けのソリューションとして登場するのが携帯電話だ。

「♪ 離れてる気がしないね 君と僕との距離」というのはオレンジレンジの『以心電信』という曲の冒頭部分。さらに「いつも僕等はつながっているんだ」と、距離が離れていても、テレパシーで心はつながっているという歌なのだが、これはauの携帯電話のCMタイアップソングだった。

こういった具合に、テクノロジーの進化とともに3月に離ればなれになる恋人たちの在り方も、テクノロジーやメディアの進歩に下支えされ、変わっていくのである。

(週刊アスキー『恋のDJナイト』より転載&幾分修正)

2008年8 月 5日 (火)

トム・クルーズ映画から学ぶ中二病患者のハローワーク このエントリーをはてなブックマークに追加

キムタク主演のドラマは、彼がカリスマ美容師、検事、パイロット、カーレーサーといった具合に、ある種の職業を演じる、職業ものシリーズという見方ができる。そして、こういった一連のドラマの存在が、その時代の職業観に影響を与えている部分もあるのだろう。しかも、最も最近のドラマではついに総理大臣までやってしまった。

こういったひとりの役者がいろいろな職業を演じるという路線は、トム・クルーズが『トップガン』以降に出演した映画群、80年代から90年代に出演した一 連の職業ものをなぞっているのだろう。当時のトムが演じた職業は、海軍パイロット、流しのギャンブラー、バーテンダー、レーサーなどといった感じだった。

→続きを読む

2008年7 月26日 (土)

上京物語と『すかんぴんウォーク』 このエントリーをはてなブックマークに追加

カクテル
カクテル
posted with amazlet at 08.07.26
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006-04-19)
売り上げランキング: 11253

久しぶりにトム・クルーズの『カクテル』を観た。今観る方がおもしろい。高校入試の翌日に観に行って以来だから、ざっと20年ぶり。

話は単純な、成り上がり上京ストーリー。

上昇志向の強い若者が、ニューヨークにやってきて、バーテンダーのバイトを始め、先輩バーテンダーのコグランと出会い、彼の指導の下、人気バーテンダーとして成功。しかし、経営者として大成功を夢見るトムは、コグランと袂を分かち、自分の道を進む。やがて別々の立場になった二人は再び出会うが……。

といったストーリーなのだけど、吉川晃司の『すかんぴんウォーク』のプロットに似ていることに気づく。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17408/story.html

→続きを読む

著書

about::フリーランス編集者・ライターの速水健朗のブログ。ディスコや歌謡曲などについて。

検索

  • 検索
     

Amazon

 
Powered by TypePad
track feed